[spf]Microsoft Speech SDK 5.1 を使った開発を Microsoft Visual C++ 2010 Express で行う。

sourceforge.jp で新しく Speech Controller Framework というプロジェクトを始めました。

Microsoft Speech API を使った音声認識によるアプリケーション操作用フレームワークを作ろうと思っています。

開発の第一歩は、Microsoft Speech SDK 5.1 を使ったソースのコンパイルです。

少し苦労しましたが、とりあえずできました。


以下の2つの環境で試しています。

  • Microsoft Windows XP Home Edition Version 2002 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 7 Professional Service Pack 1(64bit)

準備するものは以下のものです。


上記をインストールが終了したら、以下の通り作業を進めます。

  1. Visual C++ 2010 Express の設定する。
    1. インクルードフォルダに以下を追加する。
      • Microsoft Speech SDK 5.1 のインストールフォルダ/include
      • Microsoft Platform SDK のインストールフォルダ/include/atl
    2. ライブラリフォルダに以下を追加する。
      • Microsoft Speech SDK 5.1 のインストールフォルダ/lib
  2. Visual C++ 2010 Express で新しいプロジェクトを作成する。
  3. Ownway.Info(Speech) - VC6/一般的な文法を扱う音声認識からサンプルのソースコード/ヘッダファイルをダウンロードし、プロジェクトに追加する。
  4. プロジェクトのリンカーの設定で「リンカー」 → 「入力」 → 「特定の既定のライブラリの無視」に「atlthunk.lib」を設定する。

このままでもまだコンパイルは通りません。

Microsoft Speech SDK 5.1 のヘッダーファイル()の文法が古く、Visual C++ 2010 Express がコンパイルエラーを出すからです。

そのためコンパイルエラーが出ないようにした修正した sphelper.h を Microsoft Speech SDK 5.1 の include ディレクトリにコピーして上書きしてください。

以上の対応をした後にコンパイルすると、warning は多数出るもののコンパイルが通るはずです。